中国系エロマッサージ店潜入!!

性風俗に興味をハマり始め、しかしソープランドを選ぶまでには至らない。そんなヘタレな私が選んだお店が回春マッサージ店でした。いわゆる性感エステ・マッサージ店ですね。予約をしてから、という基本的なことさえ頭になかった私が、直感的に「モノは試しだ!」と入ったお店がここでした。勿論念のために処方してもらったバイアグラを事前にパクリ。念には念を、ですからね。(ただの緊張ヘタレですが)
たくさんの人で賑わうナンギン通りをちょっと奥に行ったところにそのお店はあります。仮にA店としておきましょう、興味ある方は探してください。ちょうど人ごみの切れる場所ということもあり、人目を気にせず入ることができました。それでも緊張はしたんですけどね。

◆まずは受付から

お店に入るとまず、受付を済ませなければなりません。 私が入ったそのお店には嬢の指名というものがなく、いい嬢に当たったのは今思えばラッキーでしたね。もしもヘタな人に当たっていたらと思うと少々ゾッとします。

受付のお兄さんは礼儀正しく、緊張している自分の方がバカらしくなるほどでした。その日は客待ちがなく、60分コースを選びすんなりと私を奥の部屋へ。

◆嬢は中国人!

ドキドキしながら部屋のドアを開けると、なんともこぢんまりした印象を受けるちょっと狭い室内。まず目に入ったのは簡易ベッドと浴室につながるドア。周囲を見回すと、マッサージに使いそうなオイルの入ったボトルやらがありました。
初めて見る室内にドギマギしていると、私の入ってきたドアから嬢が入ってきました。この方が実にキレイ! こんな人にこれからマッサージしてもらえるのかとワクワクしながら、指示通りに服を脱ぎ、ベッドに寝転がりました。
手慣れたようすでマッサージが開始されました。背中をオイルで塗りたくり、肩や首を丹念にマッサージされます。いきなり性感マッサージをされると思っていたもので、少々驚きながらも、キモチいいマッサージに身を任せてしまいました。
マッサージ中に話をしていると、彼女はなんと中国人だそうで。なんでもアルバイトらしいのですが、こうまでキモチよければ国籍なんか関係ありませんね! 最初の三十分ほどは通常のマッサージと、嬢とゆったり会話するだけだったのですが、徐々に彼女の手が私の下半身へと伸びるようになってきます。尻、太もも、股間など、少し気恥ずかしくなりながらもあまりのキモチよさにそのまま勃起。
「まかせてください」と嬢にささやかれ、私は彼女の指の感触だけに集中することにしました。緊張のせいかあまり持たず、3分ほどであえなく発射してしまい、かなりショック。 嬢は優しく笑って「ダイジョウブ」とつたない感じの日本語でしゃべり、丁寧に拭いてくれました。

少し時間が残っていたのと、もう少し彼女に触れてもらいたかったこともあり、そのまま時間延長をして3回ほどぶっ続け。その嬢のテクは私に「性感マッサージ、全然アリだな!」と認識させるに十分でした!中国系とは知らずに入った私でしたが、まあ「イケば都」、男なら恐れずに試してみるべきだと痛感しました。

Copyright© www.canamaero.com~男の街ディープな大宮探訪~ All Rights Reserved.