一番街という商店街があるのですが・・・そのど真ん中に見つけたもの

カオスでディープな街オオミヤ。性風俗店を探し求めていると、ナンギンから飛び出して、普通の銀座通りや一番街などにも足を向けてしまうことがあります。こちらにはあまり風俗店はないのですが、常日頃からにぎわいを見せてくれる場所に惹かれるところがあるからでしょう。

性風俗を中心に大宮の魅力を語ってきたわたくしですが、もちろんそれだけの街というわけじゃあありません。それだけで街が栄えるわけがありませんからね。ではどうしてこの街はこうも活気であふれているのか。最近、ちょっと分かってきたことがあります。

◆銀座通りや一番街にはなにがあるの?

大宮駅東口の北側の商店街には、あまり風俗店はありません。ですが、商店街というだけあって買い物客も売店も数多あり、人気の絶える日はないでしょう。人混みの中ウロウロしていると、こんな人馴れすらできないヘタレ草食系オタクなわたくしでも、少しだけ心強くなった気がしてきます。

ここ数年、毎週ではないにしろ、休日になると銀座通り一帯を歩行者天国にしてくれます。そしてかなりの規模のフリーマーケットやイベントを開き、まるで「お祭り」のような騒ぎ。月に数回華やかになる通りが、大宮の活力を表しているかのようです。

◆一番街でみたものとは

お祭りの熱気に当てられて、フラフラと銀座通りから直通の一番街へと流れ歩くと、そこには買い物で疲れたお客さんを迎えいれる数々の飲食店が並びます。そして、一番街の中心である通りには、 私の感じたとおり、大きく「祭」と書かれた提灯が飾られていました。

一番街

銀座通りの活気や、ナンギンのような人気にばかり目が行きがちですが、一番街にはどこかノスタルジックな、ふた昔ほど逆のぼったような懐かしさが残っています。目新しいものも楽しいですが、こうした昭和テイストも大事ですね。

昔、家族から聞いた話では、戦後間もないころ、駅前一帯は闇市とバラック商店が並んでいたそうです。東京のアメ横なんかと同じですね。そして闇市が駅前商店街になり、交通の便の良さから商業地として注目されて発展に至った、となっていくわけです。

なるほど、そういった背景があるからこそ、今のようなカオスさとディープさを併せ持つ街になったのだな、と今になって納得しました。今後もどんどん発展してくれれば、嬉しい限りです。がんばれMY大宮!



Copyright© www.canamaero.com~男の街ディープな大宮探訪~ All Rights Reserved.