昔ながらのおいしいパン屋さん

今日では、コンビニで何でも買えるようになってしまいました。確かにとても便利ですので、私自身も良く利用しています。 ですが、たまに専門店ならではの味が恋しくなってしまいませんか?

昔は商店街に並んださまざまな専門店を周って、必要なものを買い揃えていました。私が子供だった時代でも、すでにさまざまなものを取り扱うスーパーマーケットが登場していましたが、商店街に入り、さまざまなお店が立ち並んでいるのを眺めているだけでも、なんだかワクワクしたのを覚えています。

うちは八百屋だから、豆腐屋だから、乾物屋だから…これしか置いていない、という不器用な感じがなんとなく好きでした。 それでも、便利さには勝てず、コンビニやスーパーにばかり頼ってしまう私ですが、一つだけ、どうしても昔ながらの専門店で買いたいものがあります。 それは、パンです。

◆コンビニのパンも美味しくなったけれど…

昔と比べて、コンビニのパンもずいぶん美味しくなりました。物流のスピードもどんどん早くなっていますので、工場で焼き上げてから数時間後にはコンビニに並んでいるのも当たり前となりました。

また、小型で高性能なパン窯などが登場したことによって、専門店でなくても既製品の生地からパンを焼き上げることができるようになっています。

それでも、私は昔ながらのパン屋さんのパンが好きです。手作りですので、少し形がいびつなものがあったり、焼きむらがったり、総菜パンであれば味も毎日違っていることもあります。 これをネガティブにとらえる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は昔から慣れ親しんだそんなパンが好きなのです。

その場で生地から練り上げ、丁寧に寝かせて焼き上げたパンから立ち上る小麦の香りは、どんなにコンビニのパンがおいしくなったとしても再現することはできないでしょう。

◆大宮にもある昔ながらのパン屋さん

工場で大量に作られた生地を、釜で焼くだけのパン屋さんは今でもさまざまな場所にあります。 ですが、生地からこだわりをもってすべて手作りしているお店は年々減少し続けています。

そんな昔ながらのパン屋さんが大宮にもあります。駅の東口から徒歩15分のところにあるHこそが、私の大好きなパン屋さんです。

狭い路地にある小さなお店で、そんなに目立つ看板を出しているわけではありませんが、近くまでくればすぐにそこがパン屋さんであることがわかるはずです。 誰もが一度は嗅いだことのある、あの焼き立てのパンの香りが広がっているのです。私はこの香りを嗅いだだけでお腹が減ってしまいます。

食パンに、菓子パンに惣菜パン、狭い店内にさまざまな種類のものが並んでおり、そのどれもが本当に美味しいのです。 私はよくコロッケパンや焼きそばパンといった総菜パンを買います。具は本当にコロッケだけ!焼きそばだけ!というちょっと味気ないものなのですが、それがまた良い! 今、私はパンを食べているぞ!という気持ちでいっぱいになれます。

たかがパン、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、あなたが子供の頃食べていたパンの味を思い出してみてください。あの懐かしい味をもう一度取り戻してみませんか? 大宮には、今でも思い出の味を楽しませてくれるお店があります。



Copyright© www.canamaero.com~男の街ディープな大宮探訪~ All Rights Reserved.