むっちり巨尻美女とのお尻エッチでいき果てた極上ヘルス体験

ヘルスには様々なオプションが用意されていますが、店によってはお尻エッチのできることもあります。生まれてこの方、そちらのほうを体験したことがないわたくしサエキ。このお尻エッチのオプションは決して安くはないのですけれども、給料が出たのをいいことに、お尻のほうで遊んでまいりました。今回はそのときのことをお話ししたいと思います。

◆ヘルス店をスマホで検索!

お尻エッチのできる業態は、ヘルスかデリヘルだと思います。もしかするとソープランドでもできるのかもしれません。しかし給料が出たとはいえ、ソープに行くというのも贅沢に過ぎるように感じます。そこで私は、今回は店舗型のヘルスにしようと考えたわけです。

スマホで検索してみると、意外にも、お尻エッチのオプションを用意しているお店は多いことが判明。私の見たかぎりでは、どのお店でも1万円とされていました。検討を重ね、結局プレイ料金の安いお店に行くことに決めた私は、そこに電話を入れて予約を取り、時間に合わせて家を出ました。

あちらに挿入するというのはどんな感じなのか。考えるだけでもどきどきして、興奮してきます。店に向かう途中も息子は臨戦態勢を整えており、いつも以上に元気。たまには奮発してこういう高額なオプションをつけてみるのも、良い息抜きになりますね。

◆むっちりなお姉さんが!

お店に入ると、すぐに個室へ案内されました。やはりヘルスなどプレイ時間の長くなる風俗店は予約したほうがいいですね。そうして待つこと4、5分。ドアがノックされ、その日お相手をしてくれる女性がやってまいりました。

彼女の名前はSさん。28歳で、全体的にむっちりとした方でした。お肉は多少ついていますけれども、太っているというほどではありません。胸やお尻の大きさもあって、きっと男性からはおモテになるんだろうと思われました。セクシーな女性を指して「フェロモンむんむん」なんていうことがありますけれども、Sさんはまさにそのタイプでしたね。体を眺めているだけで息子が元気になってくるような。

ともあれ、あたりを引いて上機嫌の私。
彼女と一緒にシャワーを浴びて、それからベッドに移り、いざプレイを開始しました。

◆ぬるぬるのお尻のいちばん奥で

Sさんの魅力はなんといってもその大きなお尻です。このお尻の大きさによってくびれが強調され、なんともいやらしい体つきになっているのです。

私は彼女をベッドに四つんばいにさせ、そのお尻を撫でたり舐めたりしたあと、ローションを塗って穴のところをほぐしていきました。ムダ毛もなく、つるんとして、きれいなお尻です。今からここに入れるんだと思うと、ひどく興奮しましたね。

それからフェラチオをしてもらったあと、ゴムを装着してお尻に挿入。もっときついもんだと思っていましたが、案外ゆるい締め付けです。しかし括約筋のところにこすれるよう意識して亀頭を出し入れすると、かなりの気持ちよさ。彼女にはひざ立ちになってもらい、肩越しにキスをしながら、旨を揉みながらピストンを続けます。

いく瞬間に私は、入るかぎり奥にまで息子を突っ込んで、そのまま射精しました。すごく気持ちよかったですね。また利用したいと思う今日このごろです。

Copyright© www.canamaero.com~男の街ディープな大宮探訪~ All Rights Reserved.